6年住んだイギリスから帰国。 tubuyaki*fromUKUKのその後のつぶやき。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
東京で出会ったフランスぅ~!
ここ最近、東京でフランスを感じることが多くなった。

というか、偶然に?意図的に?引き合ってる感じなのかな???


神楽坂の夜をブラブラしていたら、

噂は聞いていたが、

フランス料理だの、フランスの方だのが、

やたらと目についた。


メインの通りから一歩入ったところに

ちらりと見えた、オープンカフェ風な店構え。


なんか?そこだ!!っていう天の教えに導かれて、

入ってみたら、グーーー!でした。


リヨン料理のお店で、ワインも美味しかった~!

店員さん(フランス人&日本人)が、

夫にフツーにフランス語で話しかけるもんだから、

夫もなんちゃってフランス語で参戦?...。


でも、途中で苦しくなり、ニホン語で。

いやー、ステキなサタデーナイトでした!



そんでもって次の日....


駅前の広告で気になっていた、

オルセー美術館展っつうのにも本能のままに行ってしまった。

(子どもらは、実家で好き放題中)

じっくり、アートと歴史となんとな~く、そこから伝わる心情を感じた。


30歳を超えて美術を鑑賞すると、色々と感じるものがちがってくるのかなぁと。

やっと自分もそういうレベルに来たのかな?と実感した。



そしてそして、お土産やさん?で気になったものを発見!!

買うか相当迷った!

今回は見送ったけど、どこかでまた出会ったら今度は買うぞ!

とココロに決めたもの。

↓↓

MARON BOUILLIE マロン・ブイーのバッグ


これなにがスゴイって、

フランスをどこにでも連れて歩いているっていう感じ。

持つだけで、フランスにいる雰囲気を味わえる。

いいなー。

でも、即買いしなかった主婦。

なぜなら、お値段と生地がねー。ちょっと考えるなぁ。

雨降ったらビッチョリになるなぁとか。

底の部分がねーーーーー!

石畳なの。(←詳しくはWebサイトを要参照)


フランス好きにはたまらない一品だと思いま~す!



フランスぅ~な週末でした....。



*

世田谷美術館で開催中の

『フェリックス・ティオリエ写真展』

もぜひとも行きたい!

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

フランス・・・
なんか大人の雰囲気漂うわぁ。
私は学生時代にフランス語を取っていたんだけど、その当時はなんかフランス語って言うだけで、カッコよくて。
でも、難しいし、フランス語のティーチャーがめちゃくちゃ嫌なやつで(フランスの方)いつも日本人の悪口を言うし、フランスは一番みたいな事言うし、ほんと、苦痛の時間だったのを覚えているよ。
フランスの国自体は行ってみたいなぁって凄く思うけど、この先生のせいで、フランスの方のイメージがとっても悪くなっているの。(こんな固定観念はいけないなぁって思ってるんだけど(T_T))
どんな所がいいか、ゆきりん、もっと教えて~
Mica | URL | 2010/06/01/Tue 09:08 [EDIT]
Micaさんへ

愛国心が強い国と言われているからね!
日本人もそのくらい日本が好き!と言えるようになれたら
いいねー!
でもなかなか言えないけど。
ちょっと言ってるけど。
しかし、悪口はイケないね。
大人じゃないね。

手っ取り早いのは、まず神楽坂行ってみようよぉ!

ゆき | URL | 2010/06/02/Wed 11:47 [EDIT]
Bonjour!
わたしもそのお店、大好きです。ギャルソン、素敵ですよね!
日仏会館があるので、フランス人が多いみたい。
リセもありましたっけ?
フランス語だけの書店も駅の反対側にあります。
今度、ぜひいっしょにお食事いたしましょう。
Eri | URL | 2010/06/02/Wed 22:55 [EDIT]
Eriさんへ

あそこのお店有名なんですねー!
雰囲気もよかったですし、美味しかったです!
神楽坂は奥が深そうですねぇ...また探索したいと思います。

ゆき | URL | 2010/06/06/Sun 14:53 [EDIT]

© tubuyaki*from ニッポン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。