6年住んだイギリスから帰国。 tubuyaki*fromUKUKのその後のつぶやき。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
屋根裏からの電話。
夫からの電話。

それは、イギリスの家の屋根裏部屋からだった。


下には、私たちじゃない住民が居て、

夫は、屋根裏部屋でガサゴソ探し物。


家を不動産屋さんを通して、知らない人に貸していても、

屋根裏部屋は我が家の領域。


誰も入ることはできない。


我が家のイギリス生活がそこにギュギュっと詰まっている。


「何かもって帰ってきて欲しいモノある?」

って言われても、

何が入っているか、忘れた....。


6年間のイギリス生活を忘れてしまっていた。


あ~、何だろうなぁ....


ヒトは忘れるイキモノだったっけ。




*

夫にあんなのあるよ、こんなのあるよと教えてもらい、

クリスマスツリーの飾りをもって帰ってきてもらうことにした。



スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

アウェイな感じ。なんだかわかる気がします。でもホント、ゆきさんにとっては家族がホーム!それがぐらつかなければOk!そうですよ!だって家族がぐらつかないって簡単に言っても、そこで悩んでいる人々がごまんといて、そう思うと仲良しファミリーって奇跡的に素晴らしいこと!おまけにあんなかわいいルイケン君たちもいるんですもの。桜吹雪に舞ってるルイくんの写真とっても気に入りました♪ちっちゃなお手てをパッツーって開いてあの笑顔。喜びが伝わってきました。思わず私も笑顔になりました。thanks!
ばなな | URL | 2009/04/22/Wed 12:14 [EDIT]
ばななさんへ

ホントそうですよね~!
毎度のことながら、ばななさんのおコトバに励まされまっす!
ゆき | URL | 2009/04/28/Tue 13:12 [EDIT]

© tubuyaki*from ニッポン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。