6年住んだイギリスから帰国。 tubuyaki*fromUKUKのその後のつぶやき。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
from ニッポン。
日本に戻り、

あっという間に、一ヶ月が過ぎた。



激動の一ヶ月を軽~く振り返る...(軽~くじゃないかっ)


住む所がまったく決まっていない状態で帰国したのが

3月中旬。


日本に着いた次の日から、

子供二人を連れての家探し。


イギリスにいる間に、

関東の地図を見て、

ここ行った事ある。

とか

ここ良さそう。


とかいう、感?みたいなモノを頼りに

候補地を挙げておいた。


それら候補地の不動産屋さんをアタック。

時差ボケ&子連れでアタ~ック!

(夫は、その頃まだイギリスで後片付けやら、引越しの準備中)


良さそうと思うところは、

すでに借りてがついてしまったり、

考えている間になくなってしまうことが多々あり。

ちょっと焦る。


でもそういう物件は、元々縁がなかったんだろうと

気持ちを切り替え、

運命の家との出会いを待つ。

っていってもあまり待ってもいられない。

子供の学校、幼稚園のこともあるし。

せっかくこの新学期の時期に戻って来たのに、

家が見つからないといって、出遅れてしまうのは何とも可哀相。


なかなか家が見つからないので、

一体何の為に日本に来たのか?

その意味を見失いかけたりもした。



そんな時、夫からの国際電話。

良さそうな物件が見つかったから見に行ってきたら....と。

(夫はイギリスからネットで物件を探していた)


そして、

ただいまその最後の泣きの?一軒に

住んでいる。


家が見つかり、

ほっとしたのもつかの間、

それはまだ

『日本生活』のスタート地点に立っただけだったのである。



....つづく。


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© tubuyaki*from ニッポン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。