6年住んだイギリスから帰国。 tubuyaki*fromUKUKのその後のつぶやき。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
レッドカランツソース Made in ニッポン。
普段はとてもじゃないけど、

行かないようなスーパー。


行ってみるもんだなぁー!

そこで、な、な、なんと次男坊が大発見!!!


IMG_1334.jpg


レッドカランツ~。(カナダ産)


先日のイギリス旅行で、作ってきたかったけど、

時間がなくて作れなかったレッドカランツソースが

ニッポンで作れるぅ~


やっぱりなんでも手に入るんだな、ニッポンって。

他にどんな人がコレ買うんだろ?気になるところでもある。


早速、次男坊がお手伝い↓↓

IMG_1349.jpg


スポンサーサイト
page top
お得なツーデーパス
JR東日本のお得なツーデーパスを使って

行ってきました~!

IMG_8758-1.jpg

山梨県。


乗り換え一つの約三時間のホリデー快速ビューやまなし号での旅。

オール二階建てからの景色。↑


そして、

美味しそうな南アルプス天然水な川へ....


IMG_8725.jpg


冷た~い爽やか~な感じが伝わるといいなぁ。


IMG_8723.jpg

page top
谷底に落とす的な....
狼?の親は子供を谷底に落として、

試練を与える。

...みたいな行動を取るらしいけど、

(狼だったっけ?)



ただいま、我が家の次男坊、

谷底に落ちている状態であります。

(きゃー、ヒドイ親~!って反応がこない事を祈って。)


2泊3日のサッカーキャンプ。

大好きなコーチも一緒だから、

さほど試練でもないかもしれなけれど。

(自ら行きたい!って言ってたし)


朝、集合場所に連れて行ったら、

あまりにも知らない子供が多かったので、

圧倒されてたっけ。


一度、ザブーンと波にのまれるタイプなので、

その反応は計算済みだったけども。


今頃は、波にノリノリになっているかな。(欲しいなぁ...)






page top
イギリス旅行記
ただいま、ルイケンブログの方に

イギリス旅行での二人の様子を更新しておりま~す!


16日間の日程の間、写真を撮った枚数約1800枚。

悲しいかな、ほとんど、あら?っていうモノばかりではありますが...(涙)

その中から、ちょこちょこ更新していきたいと思います。


旅の様子は、HPにて。(作成中...予定)


*

IMG_9729.jpg

キャンパーバン旅行のはじまり。

地図でルート確認。

北を目指す!



page top
イギリスでイケメン。
いい歳して、イケメンとか使いたくないんだけど....若い子ぶって使ってみた。(恥)


イギリスで、いや!

ロンドンでイケメンに会いたいなぁ~、

一目見るだけでも...っていう方への情報。(笑)

そんな方がいるのか知らんけど。


そんな方、ぜひAbercrombie & Fitchロンドン店へゴ~!です。

7 Burlington Gardens London, UK W1S 3ES

グーグルのマップやらストリートビューで場所をご確認を。


今回のイギリス旅行の最終日にロンドンに出かけたときに、

夫と子供達と別れ、一人でRegent streetをブラブラ。

そういえば、確かこの辺りにアバクロ在ったよなぁと思いながら、

ひたすら歩いたが、お店が見つからず。

でも紙袋を持っている人をちらほら見かけたりする。

どこだ?どこだ?とハナを利かせる。

感もね。

決して、紙袋持っている人に「お店どこにあるんですかぁ?」とか聞かない!(きっぱり)

自力で探してみせるぜぃ!


と数分後、

Regent streetから一本入った通りが怪しい!

怪しすぎる!!!(何となく...)


とにかくずんずん行ってみた。

夏休みの土曜日の昼下がり、観光客でごった返す、

夏みたいにギンギンに晴れた日。(夏だ!)

喉はカラカラ。

でも、ずんずん進む。


...と、白っぽい立派な建物の入り口に人がワンサカ!

中に有名人か何かが居て、それの出待ち?

みたいな雰囲気。

誰もそれが、服屋さんだと決して思わないだろうみたいな。


それが、Abercrombie & Fitchロンドン店だった!


建物の外にサイン、看板は一切無し。(私の見た限りでは)

窓から中の様子も不思議なくらい見えない。

ナゾめいた感じ。


出待ちかと思われていた人の集まりは、

出入り口で行われていた、

上半身裸のマッチョなイケメンお兄ちゃんと写真が撮れるみたいな...

ヤツの順番待ちだった。


何だよ、それ!と軽~くカルチャーショックみたいなものを受けつつ、

中にぐんぐん入っていくと...というか、建物に入った瞬間。

衣料品店らしからぬ雰囲気だった。


薄暗~く、商品が天井高くまである棚に並べられ、そこのみスポットライトが当たっていた。

人でごった返し、会計までの長蛇の列。

息ぐるしー。

喉カラカラー。


マネキン代わり?の店員のイケメンお兄ちゃん、お姉ちゃんがこれまた必要以上にいて、

ノリノリの音楽に合わせて踊ってたっけな。

(100パー顔で採用されたな。っていう感じの兄ちゃんたち)


そんな状況で、ドン引きし、買う気なんてゼロになり、

お店を後にしました。



イギリス人は流行には左右されず、

個人主義だ!みたいな感じがあったけど、(勝手な思い込み?)

あの一角は全然違ってたな。


そんでもって、不況はなんのそのって感じでした。

買わずに、どんな感じか見に行っていた私みたいなヤツもたくさん居たと思うけど。


土産ばなしぐらいには十分なるかと思います。

なんなら、マッチョなお兄ちゃんと写真撮っちゃったり。(笑)


ロンドンを訪れたらぜひ。

なーんて。(笑)





page top
ただいま~!
行ってきました!イギリスぅ~。


飛行機の窓からやっとこさ、(今回予算かなりオーバーな為、スイス経由)

イギリスの土地が見えたときには、

思わず、「おぉ~!」と言ってしまいました。

そのくらいの場所です、私には。


どんより雲で向かえてくれ、

ヒースロー独特のニオイと雰囲気(薄暗い感じに妙に目立つ黄色いサインとか税関とか)に

懐かしさを感じ、

外に出てたら、「さむっ!」

タクシー待ってたら、乗車拒否。


そうそう、そんな感じだったよ。

眠気が吹っ飛んだ、イギリスからの強烈な歓迎。(?)


私の中のイギリススイッチが自然とオンになりました。



写真の整理をしつつ、どこかに飛んでしまった消えた200枚の写真を復活させてから、

じっくりとアップしていきたいと思いま~す!


2週間とちょっとの旅でしたが、

一年くらい居たんじゃないかというくらい、

濃い旅となりました。


夏休みを通り越して、冬までいっちゃったんじゃないか?というほど。

気候はそうだったけどっ。


今回もホント色々な経験をさせていただきました。

イギリスってヤツに。


子供らも大きく成長したんじゃないかと思います。

そんな様子もじゃんじゃんアップしていけたら~と思います。



取り急ぎご報告まで。




© tubuyaki*from ニッポン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。