6年住んだイギリスから帰国。 tubuyaki*fromUKUKのその後のつぶやき。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
第二弾!
いきなり....じゃん!


IMG_6761.jpg


(左)初めて作った写真集。

(右)その次に作った写真集。


左は、2007年から帰国するまでの約一年間の子供達の様子や訪れた場所、

思い出の場所をまとめたもの。


2008年版は、作ろうとは全然思ってなく、

2008年が終ったら、あ、また作りたいなと思ったので作ってみた...それが右。


右には長男坊は一枚も出ておらず、

主に、次男坊の幼稚園、先生、お友達、そして次男坊がちらっと。

...といった具合。


激動の2008年。

次男坊が出会ったことの一部をこういうカタチでまとめられて良かったなと思う。


2009年版があるかどうかわからないけれど、

またステキな出会いがあったら作りたいな。




スポンサーサイト
page top
ついにインフルエンザが!!
我が家にもやって来たー!

インフルエンザB型がやって来たー!


もらってきたのは、長男坊。

学級閉鎖になっている学年もあるくらいだから

ま、しょうがなんだけれども。


インフルエンザの予防接種もしていないのに、

よくここまで、春休みの一歩手前まで

もったもんだー。

それにしてもインフルエンザB型ってヤツは可笑しなモンで、

高熱が出ない。

食欲もある。

お腹も壊していない。


これからドーンとやってくるのだろうか??



流行のインフルになっちゃったもんだから、

病院から帰ってきたら、すぐ買いに行ったもの。


↓↓↓

IMG_6757.jpg


今更だけど....空気清浄機+加湿器。


もうきっと家族の誰かに移っちゃっているんだと思うけど。

気休めに買ってみました。(遅っ)


文明のチカラで空気中に漂っているヤツを

やっつけてくれーーー!


やっつけはしないのか?

吸い取るだけ?



長男坊が移動すると、コレも一緒に移動してまっす。

そんな感じで意味があるのか?



page top
イギリスの夏。
昨日は...


目にギーンとくる感じの日差し。

風はちょっと冷たい。

日陰にいると肌寒い。


...そんなイギリスの夏みたいな日だったトウキョウです。


(今日は、風が強くて曇りだけど。←これまたイギリスっぽい)


IMG_6745.jpg


イギリス?みたいな感じですが、立川でっす。

桜もちらほら咲き出し、春ですねぇ....。


*


IMG_6714.jpg

↑初、家族4人写真でござる。


page top
年中から年長へ...
2008年、

2児の母でありながら、初めて幼稚園のママになった年。

記念すべき一年目が終った。


この一年を一言で言うならば、

不安だった~&大変だった~&勉強になった~&達成感。

という感じだろうか?


一番最後に達成感が来たことで

ま、良かったのかな???


2009年度、『初めて年長のママになった年』が始まる。


というか、もうすでに始まっている...感じ。

周りのザワメキから察すると。


色んな面倒くさいこと(笑)を回避するために、(多少だけど)

妊娠を考える人もいたりで...。

ザワメキがヒシヒシと伝わってくるんだな。


2009年度も挑戦と勉強の年になりそうでっす!


その前にお花見して、気分転換しないとな。


page top
春の嵐。
春の嵐が吹き荒れた東京でした。

その嵐が弱まった頃の空は、

なんともドラマチックぅ~!

IMG_6277.jpg


花粉がたくさん舞っているんだろうけど。

なんだか空気がスッキリと感じた。


*

実は、今日は一日中寝込んでた。

このトコロ、ただの主婦なりにハードな毎日だったので、

疲れがドットカム。


これで無理すると、さらにオカシクなりそうだったので、

疲れているときには、寝るのが一番。

パワーをためてまたがんばろう!


page top
夢。
次男坊の将来の夢。

....宇宙飛行士になること。


なぜなら、

星組だから、星を観に行く為に、宇宙飛行士になりたいんだそう。


そんなことを言うくらい、

幼稚園に、日本に溶け込んだということかな?

一年前の私には想像もつかなかったこと。


子供はヤワじゃなかったんだな。



色んなコトが走馬灯のようにアタマのなかをぐるぐるし、

最後のクラス別懇談会で涙してしまいました....。


いい先生、いい環境、いいヒトたちに出会えて感謝です!



page top
涙。
別れの季節。

大切なヒトに贈る贈り物を

ただいま作成中。


私の撮った写真たちを思い出の曲と共にパラパラ映していくというDVD。

(それだけじゃないんだけど)


大筋の形が出来たところで、

試しにヒト(贈る相手じゃなく)に見せた。


大号泣で、びちゃびちゃな目をしてた。


写真がいいのか?曲がいいのか?

わからんが...。


ヒトの涙って嬉しいな。

というか...

私は、その涙に涙しちゃったよ。


大切なヒトも涙してくれるかな?


*

期限が迫っているのに、なかなか最後のキメの一枚が撮れない。

写真も出会いだと思うので、

ギリギリまでその出会いを待ちたいと思う。

見逃さないように注意しながら....。



page top
好きな花。
IMG_6063.jpg

...睡蓮。

IMG_6075.jpg

また、睡蓮。


IMG_6077.jpg


そして...


縦バージョン。

IMG_6104.jpg


IMG_6112.jpg

IMG_6113.jpg


しつこいくらい、睡蓮。


どこを撮っても、どの睡蓮を撮っても

神秘的で、魅力的。


心が落ち着くなぁ、睡蓮。



page top
取り残された家。
熱川の田舎道を歩いていると、

古びた木造の家を発見!

IMG_5831-.jpg


よ~く見ると、窓ガラスがわれ、

でもカーテンがしてあり、

壁の一部が崩れているため、中が丸見えで、

家具やら雑貨やらがそのまま放置してあって散乱していた。

(誰かが家のゴミを捨てたとかそんな感じではない雰囲気。)


床下を突き破って竹が何本も突き出していたり。

壁には70年代風の時計が掛けられたままだったり、

名の知らぬ古びたアイドルのポスターが張ってあったり。


不思議~な家でした。


ここに住んでいた人、ご家族?は今どこにいるのでしょう?

ここの場所に来たのも、

たまたま足がこっちに向いていって歩いてただけなので、

何かを私に訴えかけているような感じがしないでもなく...。

何かできることがあるのか?ないんだろうけど。


竹やぶの中にひっそりと立つ、

ココロに残る、気になる家でした。

© tubuyaki*from ニッポン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。