6年住んだイギリスから帰国。 tubuyaki*fromUKUKのその後のつぶやき。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夫観察*ソフトボール観戦 in 北京
超にわかファンな夫だけど、

試合チケットから

何やら何まで手配した。


試合中もいつになく興奮気味で

ニッポンを応援!!


中身は日本人な夫。


問題?なのがタダ一つ。

中身は日本人でも

外見は普通に色白の金髪、目は青?グリーンなので、

日本人に混じって、わぁ~ってやっていると、

周りのアメリカ人(アメリカ戦の時)にマークいっぱいの顔で

ジロジロ見られていた。


アメリカ帰りだったためか?

USAキャップ(出張で貰ったらしい)被ってたし、余計ね。


USA被ってるのに何でだ?って思われても、

はぁ??みたいな顔されても、

全然おかしくなかった。(笑)


アメリカ人だけじゃなく、中国人、日本人にも。


疑問をぶつけてくれたら、ちゃーんと答えたけどね。

あの日、夫は謎の外国人だった。


IMG_8910-1.jpg



*

カナダ人、オーストラリア人、アメリカ人は、

同じ英語圏で見た目、同じに見えるし、

仲いいのかと思ったけど

応援となると違うんですね。


試合じゃなくっても、それほど仲良くないのかな?

っていう雰囲気が伝わってきた。(考えすぎかな)



北欧のスウェーデン、ノルウェー、フィンランドって

仲いいイメージがあるけど。

(ユーロヴィジョンの印象が強いかも。)


スポンサーサイト
page top
北京歩き。
北京に着た目的は、ソフトボール観戦だから

観光地に一箇所も行かなくっても、

北京ダックを食べなくっても、

鳥の巣を見なくっても、

全然オッケ~!


...なんだけど、

デジ一を手にしちゃったもんだから、

スの北京を一枚くらい撮りたい!ということで、

試合前、朝7時にホテルを出て

歩いて30分、地下鉄の駅へと向かった。


人口の多い国だけあって?

朝7時にはもう結構な人が外を歩いていた。


お店もちらほら開店し、

散歩している人、自転車でどこかへ向かう人。

街は動き出していた、朝7時。


IMG_8823.jpg



昼間はどんだけの人が外にいるんだ?と考えたら

ちと怖い。




IMG_8814.jpg


犬の散歩ならぬ、鳥の散歩風景。

飼い主が、鳥を鳥かごに入れたまま散歩?し、

生垣の上に乗せている...の画。


鳥は散歩よりも大空を飛びたいだろうに。



女子マラソンでこんな所を走っていたような....(違う?)

IMG_8816.jpg


写真だけ見ると、

緑があって、さわやかぁ~な感じがする。


でも、実際は、ジメ~としてて、空気が悪かった。

オリンピック期間中は、工場など一時閉鎖していたにもかかわらず、

この空気。


地下鉄に乗ったら、もっと息苦しかった....。

IMG_8826.jpg


人口が多いからしょうがないのかな?


page top
地元中国の観客たち。
試合を見たい人にはチケットが渡らず、

(アテネの時には、当日券を買うことができた)

地元の人達にタダで配ったとかウワサのあったチケット。


..な、ためか?とにかく中国人観客が多かった。


テレビで見ていると空席が目立っていたけど、

こちら目線でみると...


IMG_8904.jpg


結構びっちり。

ウワサの黄色い団体さんもいた。


中国の方は、何か特別なことがない限り、

国を出ることが難しいらしい。(たとえ旅行でも)


だからか?

アメリカの応援や日本の応援に興味津々の様子。

オリンピックは、中国庶民が外の国を感じれるいい機会になったのではないだろうか?


観戦というよりか、世界的大イベントに参加しウキウキしている感じだったな。



中国人の応援グッズとして目に付いたのは...


IMG_9031.jpg


そろばん。(??)


色違いでオレンジ(黄色?)を持っている人も見かけた。


事前に政府から配られたモノなのかは知らないけど。

中国の方達は、お揃いのそろばんをカチャカチャ鳴らして応援。

何でそろばん何だろう?


身近なナリモノってことで?


中国伝統のナリモノ...そろばん。

計算するだけじゃなくて、応援グッズとしても使うとは、すごい発想!


それか、もともとナリモノとして使われ、

後に計算もできるって発見したのか??


中国四千年?の歴史は、奥が深い!




*


中国の人がたくさんの日本の旗を見てどう思うのかなぁ...

とちょっと心配していたけれど、

ぜーんぜん何の問題も起こらなかった。

(少なくともこの会場では。)


日本を応援している人が、たくさんいて驚いたくらい。

同じアジア人、お隣さんってことでだったのかな?


page top
アメリカ人から学んだこと。
私と夫が見た、あの8/20(決勝前日)のソフトボールの試合。


第一試合のアメリカ戦。


0-0の状態の延長9回アメリカの攻撃で、

前に座っていた一人のアメリカ人のお兄ちゃんが、


「よぉ~し、キャップをひっくり返せ~!!」


と声を掛けると、キャップを被っていた他のアメリカ人が

ひっくり返し始めた。


IMG_8926.jpg


このお兄ちゃんも...

IMG_8925.jpg


そしたら...


アメリカのホームラン。


盛り上がるお兄ちゃん達。



キャップをひっくり返す。

この状態をひっくり返せーという意味のジンクス??


アメリカ特有のモノなのか?

ソフトボール、野球などスポーツでこういった場面では

お馴染みのジンクスなのか?


にわかファンにはわからない領域。


でも、かなり威力のあるジンクスと感じた。(たまたまかもだけど。)


夫は、そのジンクスを頂き、

次の回キャップをひっくり返した。


...ら、

ニッポンに、一点入ったよ!!




一試合挟んで行われた、オーストラリア戦の延長11回でも

夫は、裏キャップ状態で応援した。


...ら、

ご存知の結果になった。


裏キャップ効果じゃないと思うけど、(そうとも言い切れない?)

お兄ちゃん、ありがとー!!



今後もこのジンクス、ここ!と言う時に、

使いたいと思いまっす。(どこ?)





*


決勝でどんだけのアメリカ人観客が裏キャップ状態だったんだろう?

メジャーなジンクスなんだろうか?


ジンクスは、ジンクスなだけに効かないこともある、か。






page top
ロンドンオリンピック。
今日の閉会式では、


ロンドン市長が出たり、

レオナ・ルイスが出たり、

ジミー・ペイジが出たり、

ベッカムが出たり、

ロンドンバスが出たりと、


ロンドンオリンピックへとバトンが送られた。


が!


イギリスっ子を持ち、イギリスに家を持つ私ではあるが、

ロンドンオリンピック、

全然キモチが盛り上がっていかない。


今のトコロ。



アテネ、北京で私のオモイは燃え尽きた、ね。


今のトコロ。


4年後、イギリスに戻っているのか?

将来のことはわからないけれど、


あ~、ロンドンでソフトボールが見たかった!(←またそれかい!)



ロンドンでオリンピック成功するのかねー。


なーんて僻んでみたり。


3回もオリンピックやっちゃってズルイねー。


なーんていっちゃってみたり...。



食べ物はイマイチで、物価高なイギリスだけど、

空気はキレイだし、オリンピックをきっかけに

イギリスの良さをもっと知ってもらえる機会になればと思う。


ロンドンガンバレ!


(一応フォローしてみたり。)



*


夫、早くもロンドンオリンピックのために

ホテルを予約しようとしている....。


早すぎだよ!


私は、今んとこまだ気持ちが切り替わらないよ...。


っていうか、まだ4年もあるよーーー!




© tubuyaki*from ニッポン . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。